2018/04/24

痛みやこりが解消されるメカニズム

 

この記事を書いている人 - WRITER -
自然整体院エイド・ステーション院長。
ミオンパシー上級コース修了。
整体施術の仕事が楽しくて仕方がない人。症状が重い患者さんほどやりがいを感じて燃える超理論派。身体が良くなって喜ぶ患者さんの姿を見るのが、何ものにも代えがたい幸せ。生き方はシンプルがモットー。趣味はトライアスロンと写真を撮ること。座右の銘「人事を尽くして天命を待つ」

頭痛・腰痛・肩こりなど、
身体についての悩みは様々ですが、
原因は症状と同じ数ではありません。

主な痛み・こりの原因は、筋肉のこわばり(過緊張)にあります。

腰痛の場合

よくある例として、
座っていて、立つときに痛くて腰が伸びにくい。
というものがあります。

この症状は、身体を前に曲げる働きをする
大腰筋という筋肉が固く縮んでいるために起こります。

肩こりの場合

首、肩、背中などの筋肉が拘縮(ロック)し、血流が悪くなって鬱血が起こり、
疲労物質が筋肉や皮膚を圧迫することで、不快感を引き起こします。

肩がパンパンに張った感じがしたり、肩をギュッとすくめるとゴリゴリ鳴ったりします。

下の図のように、自分の手で肩から背中にかけて揉みたくなります。

膝などの関節の痛み

これらも直接痛みを出しているのは「筋肉」「腱」「靱帯」部分が多く、
骨が痛みを感じているわけではありません。

これら、痛みやコリの原因になっている筋肉の拘縮(ロック)をゆるめれば、
痛みやコリは解消します。

「骨盤や背骨などの身体のゆがみ」も「筋肉の拘縮」が原因

「骨盤の歪みが痛みの根本原因です!」なんて
ホームページで謳っている治療院が山ほどありますね。

考え方は人それぞれなので、どんな主張しようと構わないのですが、
では、なぜ骨盤がゆがむと痛みが出るのか、
生理学的に正しく論理的な説明ができますか?

たいていその辺の理屈はすっ飛ばされています。

私から言わせると、そのような理論は、
「風が吹くと桶屋が儲かる」的に、因果関係が無茶苦茶です(笑)

しかし、筋肉の生理学(筋生理学)に基づけば、きちんと説明できます。

筋肉は拘縮する(※拘縮=持続的収縮)

という、たったひとつの生理学的真実さえ知れば、
痛みや痺れが生じたり、背骨や骨盤が歪んだり、
関節の動きが固くなる、などといったあらゆる症状の
根本原因であると一挙に理解できるのです。

痛みやこりの原因が筋肉だったなら
「マッサージや低周波治療器でゆるめたり、お風呂で温めれば治るはず・・・」

ところが実際は、
「いろんなことをやったり治療も受けてみたけど良くならない」ので、
当院に来られるわけです。

施術をお受けになった後、ご自身の体の調子を感じてみてください。
大部分の方は「ラクになった」と感じられるはずです。

他の方法で治らなかったのに、
なぜ「ミオンパシー」整体でラクになるのでしょう?

秘訣は「筋肉のゆるめ方」

ストレッチやマッサージでラクになられた方は、エイド・ステーションには来られません。
一般的な筋肉痛は、筋肉の疲労物質である「乳酸」などを流し出すことでラクになります。

これらは「ストレッチやマッサージ」で対処できる痛みです。
症状としては、かなり初期段階です。

ところが、「慢性化した痛みやコリ」に悩んでいる方の筋肉は、
そのような筋肉の状態とは異なっています。

その方たちの筋肉は、こわばった状態からゆるまなくなってしまいます。

また、筋肉が短く縮んでしまって、血の巡りも悪くなっています。
この状態を、「筋肉が拘縮(こうしゅく)している」と言います。

先ほどお話しました「ストレッチやマッサージ」対処できる
初期段階の症状とはちがって、
それよりもさらに悪い段階に入っている状態なのです。

拘縮した筋肉の状態がどうなっているか、というと・・・

筋肉の中にある、筋肉を護るためのスイッチが入ったまま
になっている場合がほとんどです。

「筋肉を護るためのスイッチ」は、車のシートベルトと同じく、
筋肉に大きなストレスが加わったときに入ります。

その結果、筋肉内の毛細血管が圧迫を受け、
酸素が筋肉の細胞内に入りにくくなり、
痛みを感じさせたり、あるいは、関節の動きが悪くなって、
危険信号のサインとして痛みがおこるなどの症状が現れるのです。
(※これらの機序の難しい部分は途中端折っています。)

※筋肉の拘縮についての詳しい内容は、別頁「筋肉の拘縮のメカニズム」をご覧下さい。

このように、様々な痛みやコリの原因となっている筋肉の拘縮を、
ミオンパシー」という手技療法によって取り除くことにより、
短くなっていた筋肉はもとの長さに戻り、筋肉が健康な状態に戻ります。

収縮して酸素欠乏になることで発していた筋肉の痛みの信号は消え、
圧迫されていた血管にとどまっていた乳酸などの疲労物質・炎症物質が流れだします。

そうなれば、筋肉が本来の機能や柔らかさを取り戻すので、
痛みやこりが解消されていくのです。

「骨盤の歪み」や「姿勢の悪さ」が痛みの原因です!
などといった謳い文句よりは、納得できる説明だと思いませんか?

私の説明に納得ができましたら、一度「ミオンパシー」整体を受けてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
自然整体院エイド・ステーション院長。
ミオンパシー上級コース修了。
整体施術の仕事が楽しくて仕方がない人。症状が重い患者さんほどやりがいを感じて燃える超理論派。身体が良くなって喜ぶ患者さんの姿を見るのが、何ものにも代えがたい幸せ。生き方はシンプルがモットー。趣味はトライアスロンと写真を撮ること。座右の銘「人事を尽くして天命を待つ」