2018/03/23

大腰筋拘縮型腰痛10のチェックポイント

 

この記事を書いている人 - WRITER -
自然整体院エイド・ステーション院長。
ミオンパシー上級コース修了。
整体施術の仕事が楽しくて仕方がない人。症状が重い患者さんほどやりがいを感じて燃える超理論派。身体が良くなって喜ぶ患者さんの姿を見るのが、何ものにも代えがたい幸せ。生き方はシンプルがモットー。趣味はトライアスロンと写真を撮ること。座右の銘「人事を尽くして天命を待つ」

大腰筋拘縮型腰痛について

大腰筋拘縮型腰痛とは、「仰向けで寝ると腰が浮いてしまう」とか、「イスから立ち上がる時に腰が痛む」などの自覚症状に代表される大腰筋が縮んだタイプの腰痛です。

では大腰筋がどこにあるのか見てみましょう。上のイラストのように、背骨の「腰椎」という部分から骨盤の前を通り、股関節をまたいで太ももの骨にくっついている筋肉です。主な働きは「股関節を曲げる」ことで、階段をのぼるときに膝を持ち上げる動作を想像していただくとお分かりいただけると思います。

大腰筋が縮んだタイプの腰痛かどうかを判断する10のチェックポイントをいかに記載しましたので、ご自身に当てはまるかどうか確認してみてください。

 

大腰筋拘縮型腰痛10のチェックポイント

  1. 少し長くイスに座っていると、立ち上がるときに腰が伸びにくい、または腰が痛む。(特にソファのように腰が沈み込むイスに座ったあとにその傾向が強い)
  2. 長い時間立っていると腰が痛くなってくる。
  3. たえず腰がだるい、または重い。
  4. 中腰の姿勢で腰が痛くなりやすい。
  5. 背筋を真っすぐ伸ばして立つ、または座るのがつらい。(猫背気味にしているのがラク)
  6. 仰向けに寝ると背中が浮いて、手やタオルをそこに入れたくなる。
  7. 寝るときは横向きで股関節を曲げて寝るのがラク。
  8. 朝、起床時に腰が固まっていてなかなか起き上がれない。動かすと痛む。
  9. 下腹が出ている。
  10. ヒップが下がっている。

上記に当てはまる項目が多い方の腰痛は、立った姿勢から身体を後ろに反らせる(伸展)ようにすると、腰に痛みが出ます。

あるいは、股関節を曲げた(屈曲)状態から伸ばそうとすると、腰に痛みが出ます。

このような腰痛の場合、大腰筋だけでなく股関節を曲げる(腰を曲げる)ほかの筋肉もあわせて拘縮(筋肉が持続的に固く縮んでロックしていること)している場合がほとんどです。

 

筋肉のロックを解除する整体法=ミオンパシー

エイド・ステーションの腰痛施術では、腰痛の真の原因となっている、固く縮んでロックした筋肉をゆるめることによって、腰の痛みを改善していきます。

このページをご覧になって、ご自身の腰痛が「大腰筋拘縮型腰痛」にあてはまると思われた方は、一度「エイド・ステーション」の整体を受けてみてください。私の触診を受けるだけでも、ご自身の大腰筋の悪さにビックリされることまちがいありません。

「トリガーポイントブロックで腰痛は治る」の著者、加茂整形外科医院の加茂院長に「整形外科医が認める整体」と言っていただいた、安心安全で効果的な整体法「ミオンパシー」で、あなたの腰痛解消のお手伝いをいたします。

<実際の大腰筋をゆるめる施術風景>

この記事を書いている人 - WRITER -
自然整体院エイド・ステーション院長。
ミオンパシー上級コース修了。
整体施術の仕事が楽しくて仕方がない人。症状が重い患者さんほどやりがいを感じて燃える超理論派。身体が良くなって喜ぶ患者さんの姿を見るのが、何ものにも代えがたい幸せ。生き方はシンプルがモットー。趣味はトライアスロンと写真を撮ること。座右の銘「人事を尽くして天命を待つ」
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です